住宅購入のため行っている情報収集

住宅購入

近々住宅を建てる予定となり、近隣の住宅見学会へちょこちょこと出かけています。
やはり実際の住宅をみると、ここにこんな家具を置いて…とかここに娘の写真を置いて,..とか夢が広がり楽しいです。
また、地元の工務店にお願いすることは決まっているので見に行ったハウスメーカーから購入することはないのですが、いろいろなところを見に行っています。注文住宅にするのですが、家について基本的な知識を得るためにもたくさんの物件を見て、後悔しないようにしたいためです。
そこで気に入った物件についてはお願いする工務店さんにお話して、実際に見に行ってもらいました。そうすることで一番ダイレクトにイメージが伝わるので、理想と近い物件になるのではないかと思っています。
まだ間取りの案を作ってもらっている段階ですが、見に行った物件の中で気に入ったものを反映させてもらうことができました。

同時進行で、先に家を建てた友人にアドバイスをもらっています。特に参考になったのは、シューズクロークを作ったほうが良いということと、子どもが勝手に他の部屋に入ることができないようにベビーゲートをつけられるようにしておくということでした。

ちなみに家内は、子どもが毛深いと悩んでいます。

シューズクロークについては物件を見に行った際に要チェックするようになりました。こどもがまだ小さいので、ベビーカーを置いたり、今後はランドセルや部活の道具など荷物が増えていくことや、主人の趣味であるゴルフを考えるとある程度の広さがいるなぁと考えています。
ベビーゲートについては、まだ4ヶ月なので必要ありませんが、引っ越す頃には動き出すようになります。今住んでいる賃貸アパートでは全部の部屋につけられるような設計になっていないためちょうど良いタイミングでした。
このように、実際に見に行くことと話を聞くことで勉強する日々です。

カテゴリー: 子育て タグ: パーマリンク