友達夫婦の住み替え話

学生時代からの友人とは、ご主人とも昔からのお付き合いなので、今でも良く遊びに行かせて貰い家族が出来てからは子ども同士で遊ばせたり行き来をしています。ある時、一戸建てを購入するという話を聞きおめでたいなと思っていました。

向こうに赤ちゃんが産まれたので新築祝いと御出産祝いを兼ねて遊びに行きました。その時に、すごく素敵なお宅で私は戸建てに住んでいたので憧れてしまいました。

ご主人とも素敵な家だねと話して家探しや住宅ローンについて色々聞いていました。でも、奥さんは日中の日当たりが悪いんだよねと話していました。その時は、そうだよね、家も三軒立てて納得するとか良く言うもんね。なんて話していました。しばらくして我が家にも2人目が産まれたりして忙しくなりお互い連絡を取れずにいました。

すると、しばらくして年賀状に見慣れない家があり書き添えられたら文字には新しい家に引っ越ししました。とありました。

シェア畑

えっ!と驚いてしまい、すぐに連絡しました。引っ越ししたの?と聞くと、実は前の家を売って新しい家を購入したというのです。

私の中では一度家を買ったらそこに生涯住み続けると言うイメージだったので驚いたのです。

しばらくして落ち着いてから共通の友達とお宅訪問に伺いました。

昔からの友人なので、気楽に色々な事を話せるのでその頃には我が家もマンションを購入していたので正直な話住宅ローン大変じゃない?と聞くときちんと独身時代から貯めていたようで素晴らしいと思います。

事情を聞くとやはり前の家が全然日が当たらず辛かったみたいです。日中家で育児しているのに昼間から電気をつけなくちゃいけないのがストレスだったようです。確かに、日当たりの良い家で育つとそうなるかもしれません。

そして、運良くご主人の実家の近所にいい土地が空いたのでそこを購入したそうです。次の家は高台にあり日当たりはとても良好でした。
今の家もまた新たな不満はあるみたいですが、とりあえず気に入っているみたいです。

カテゴリー: 暮らし タグ: パーマリンク