部屋探しの付き添いをしました

友達が大阪市内で一人暮らしを始めるというので、面白そうだなと思い部屋探しの付き添いをかって出ました。

私自身は実家に暮らしていて、今後もそのままの予定なので部屋探しをする予定はありません。

「部屋を押さえたいときのために2,3万は持って行った方がいいよ」という昔不動産屋さんで事務員をしていた友達からのアドバイスを伝えて、現金を持って行きました。

いわゆる賃貸のシーズン時期という2月の土曜日に友達の希望をしている地区の不動産屋に出向いたのですが、朝早くから混雑している様子にビックリしました。

10時頃に到着をしたのですがもうすでに3組ほど来ていて、両親と一緒の若い子や私たちのように友達同士かなと思う組み合わせでした。

すぐに席に案内されて友達は名前・連絡先などと併せて自分の希望する地域や家賃の金額に希望の時期を記入していました。

その間私は周りのことを見ていたのですが、両親と一緒に来ている女の子は今日はいくつかの部屋を見に行くために来たようで、割とすぐに営業の人と一緒に家族みんなでお店を出ていきました。

友達の希望は「地下鉄の駅から徒歩5分、スーパーがあり、1DKぐらいの7万円」でしたが、駅さえ選ばなければ思っていたよりもたくさんありました。

ミナミなどのど真ん中の駅周辺ではない分、スーパーなどがあってかえって生活もしやすいなあと私は思いました。

友達はいくつか図面や写真を見せてもらい、周辺の様子を聞いた後で3つのマンションを見に行くことになりました。

どれも実際の部屋はまだ退去をしていないので同じタイプの階違いなどでしたが、荷物が入っていない分広く感じました。

新築や築数年はキッチン・バスルームなどがとてもきれいで、全体的にすごくモダンな感じの部屋でした。

築年数が15年を超えたものを一件見たのですが、そこは部屋が少し広いのは良かったのですが手入れはしてあっても全体が古い感じがしました。

3件見た後は結局「もう少し考えます」ということで帰りました。平日の間に友達は両親と一緒に気になっていた2件の新築と築3年の部屋を見に行って周辺の夜の様子を調べたようです。

その後、やはりきれいな新築のマンションに申し込みをして、4月中旬に引っ越しをしました。

私自身は部屋探しをすることがない予定なので、すぐ横で部屋探しを体験できたことはたいへん楽しかったです。

カテゴリー: 暮らし タグ: パーマリンク