不動産購入による固定資産税の発生について。

番人くんでのら猫対策

よく「一戸建てに住みたい」や「マンションやアパートは気を遣うから嫌だ」という声を耳にする事があります。しかし、一戸建てに住む場合、中古でも新築でも固定資産税がかかってきます。固定資産税とは、市町村等の自治体が課する税金で、土地や家屋を所有している人が義務を負う納税の事です。マンションやアパートの場合、対象とはならず、大家さんが支払っています。

基本的な計算方法は、固定資産税の評価額に標準税率の1.4%をかけた額になります。
固定資産税の評価額は、国土交通省が定める土地の公的価格や家屋の時価について、大体70%の割合でつけられています。更に、土地の価格は変動するので、3年に1度は見直されます。例えば、200万円の課税評価額が算出されたとしたら、200万×1.4%で2万8千円が固定資産税額になります。支払い回数は年に1回又は年に4回の好きな方を選択できますが、支払わないと堪えてくれません。

固定資産税を決定する為に、航空撮影をするのですが、結構大雑把な写真で、これで本当に大丈夫なのかと疑問に感じます。外側がめちゃくちゃ綺麗で、家の中が古いお家は損をします。理不尽なシステムだと感じるので、国に改善して欲しいです。

しかし、最終的に固定資産税評価額を決定するのは市町村長であり、地域によりバラつきがあるので、何とも言えません。

固定資産税を払って快適な暮らしを得られるかというと、違います。ご近所の人間関係や人口密度、隣りのお家との距離感等、自分の努力や運が無いと一戸建てを購入しても幸せにはなれません。

結局は、コミュニケーションを取り、義理を果たし、自分の力で切り開いていかなければならないからです。ご先祖様から譲り受けた不動産や動産でなければ、毎月8万円を支払ってでも、マンションやアパートで暮らす方が上だと思います。持ち家は、半分にする訳にもいかないので、相続後の固定資産税や相続税等でも揉めるので、お勧め出来ません。

カテゴリー: マイホーム タグ: パーマリンク